News

新しい日常での協会主催公演に関するインフォメーション

2020.10.20

公演に向けての取り組み
主催者、出演者、舞台スタッフは、COVID-19に関する最新情報を常に収集し、舞台活動はもちろんのこと日常生活でも感染対策に注意を払っています。厚生労働省の指導のもと、咳エチケットや手洗いの励行および3密の回避を徹底するとともに劇場ガイドラインを遵守し、本番2週間前より主催者、出演者、舞台スタッフはいっそうの体調確認を実施します。

ご来場の皆様へお願い
〇ご来場者登録フォームにてお客様の連絡先等をご提供ください
PC用
スマホ用
本公演では新型コロナウイルスの感染防止対策に努めて参りますが、万一感染症が発生した場合、ご提供いただいた情報は必要に応じて保健所及び公的機関へ開示しますことをご了承ください。
※ご提供いただいた個人情報は、感染対策のほか公演のお知らせ等に使用させていただく場合があります。
※ご提供いただいた個人情報は、管理責任者を定め紛失や漏洩が発生しないよう安全対策を実施いたします。
〇下記に該当する方は、体調を最優先していただきご来場をお控えいただくようお願いいたします
・発熱や咳、咽頭痛などの症状のある方、また発熱が数日間続いている方や風邪症状(発熱、 咳、くしゃみ、喉の痛みなど)のある方。だるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方、その他、体調に不安がある方。(体調の優れない方のマスク等を着用してのご来場もご遠慮ください。)
・過去2週間以内にPCR検査で陽性とされた者との濃厚接触がある方。
・過去2 週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域への訪問歴および当該在住者との濃厚接触がある方。
・ご高齢の方、基礎疾患がある方、妊娠中の方は、医師の判断や関係機関の情報をご確認の上、慎重なご判断をお願いいたします。
〇ご協力のお願い・常時マスク等の着用にご協力ください。マスク等を着用でない方のご入場はご遠慮いただきます
・ご来場の際は、開演直前の混雑・集中緩和のためお時間に余裕を持ってお越しください。
・入場時には非接触型検温器での検温、手指消毒にご協力いただいた上で客席にご案内いたします。
・咳エチケットやこまめな手洗い、手指消毒にご協力ください。
・整列や入退場、移動時等のソーシャル・ディスタンスの確保にご協力をお願いします。
・ソーシャル・ディスタンスを確保するため、お座りいただける席は千鳥配置となっております。
・チケットは入場口にてお客様自身で切っていただき、スタッフの目視による確認をいたします。
・開演前、休憩時、終演後の劇場内でのご歓談はお控えください。
・プレゼントや花束等のお預かりは行いません。 また、出演者に直接お渡しいただくこともご遠慮させていただきます。
・休憩時や終演後、出演者へのご面会はできません。・ご来場中、体調の悪化を感じた場合は速やかにスタッフまでお申し出ください。

公演中止の場合のチケット払い戻しについて
国または地方自治体、劇場等からの要請により本公演を中止した場合は、お買い上げいただいたチケットの払い戻しをいたします。払い戻し方法は、本公演が中止になった場合に本ホームページ上にてお知らせいたします。
※お客様都合でのチケットの払い戻しはいたしません。

公演のタイムスケジュール
※海外研修員による現代舞踊公演については12月末ごろをめどに公開します。

ご参考
新型コロナウイルス感染予防のために:厚生労働省
舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン:緊急事態舞台芸術ネットワーク
【重要】「新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」の策定について

文化芸術活動の継続支援事業 追加募集決定

2020.10.06

先だって募集を終了した文化芸術活動の継続支援事業について、文化庁は追加募集の決定を発表しました。詳しくは文化庁HPをチェックしてください。

文化芸術活動の継続支援事業の申請手続きが軽減・簡易になる事前確認番号を発行いたしますので、ご希望の方は申請フォームからお申し込みください。

事務局業務のテレワーク・交代勤務を12月末まで延長します

2020.09.15

いつも大変お世話になっております。現代舞踊協会事務局です。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、12月末日まで事務局業務は交代勤務・時短勤務・時差出勤・テレワークを継続いたします。お急ぎの方は、FAX(03-5457-7732)またはメール(office★gendaibuyou.or.jp、★を@に変換してください)にてご連絡ください。

 

アウトリーチProject 参加プログラム募集

2020.08.25~2020.10.31

令和2年度 現代舞踊新進芸術家育成Project
「アウトリーチProject:劇場外での実践と地域へのコミットメント」の募集を開始します。

このプロジェクトは、自ら日本全国の公共スペースや商業施設などの使用許可を取得し、劇場以外の空間でダンスに興味のない(チケット代を支払ってダンスを観に劇場まで足を運ばない層)観客の前で、自身の作品を上演・パフォーマンスを行っていただくというもの。どこで・だれと・どんなパフォーマンスやダンスをするかは自由です。ダンスでしか表現できない楽しさを日本中に広げてくれるような、楽しいプログラムをお待ちしています。どしどしご応募ください。

公募プログラム概要
■公募プログラム数:7組
■実施日程:2021年3月中旬までに完了するプログラム
■お支払い経費:30万円/1組、20万円/2組、10万円/4組 すべて税込
■応募方法:下記(1)(2)(3)をダウンロードのうえご覧いただき、「募集要項(5)応募要項」にしたがって下記メールアドレスまでご応募ください。
(一社)現代舞踊協会事務局 project5info@gendaibuyou.or.jp
※応募書類は返却いたしません。
※メール以外でのお問合せには応じられません。
※応募者多数の場合は適宜締め切ります。
■審査方法:評論家、学識経験者による書類審査※採択・不採択理由等については公開いたしません。

公募プログラムの詳細はコチラ
(1)実施要綱
(2)募集要項
(3)誓約書

※チラシ等を作成される場合は文化庁ロゴ・事業名を表記する必要がありますので、チラシ作成前にご一報ください。

前理事長 花輪洋治 死去のお知らせ

2020.08.04

舞踊家で一般社団法人現代舞踊協会前理事長の花輪洋治が去る8月1日、心不全のため死去しました。
謹んで哀悼の意を表しご冥福をお祈りいたします。

葬儀・告別式は近親者のみで行います。
コロナ禍の折、弔問等はどうぞご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

Youji HANAWA

フリーランス向け持続化給付金 支援対象拡大

2020.07.14

経済産業省の持続化給付金の支援対象が拡大しました。これまでは、事業所得で確定申告をしていたフリーランスなど個人事業主を対象としてきましたが、6月29日より「雑所得」や「給与所得(雇用契約によらない非常勤など)」で確定申告を行っていた方でも申請できるよう支援対象が拡大されました。詳細はリンク先をご覧ください。

■経産省:持続化給付金に関するお知らせ「支援対象を拡大します」
■経産省:主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等向け「持続化給付金申請要領」
■持続化給付金とは

文化庁:コロナ対応補助事業 事前確認番号申請フォームを開設

2020.07.13

現代舞踊協会は、活動継続・技能向上等支援事業費補助金(緊急支援パッケージ)に申請を希望するフリーランスなど芸術家の申請手続きが簡易化する「事前確認証(固有の確認番号)」を発行する団体として認定を受け、会員の皆様をはじめ、プロとして舞台芸術に携わっている実演家等・舞台スタッフの皆様が円滑に申請し採択されるようお手伝することになりました。

事前確認番号申請フォームはコチラ
事前確認番号の発行申請は専用の申請フォームからのみ受け付けます。現代舞踊協会の会員以外の方でも事前確認番号を申請できます。
※本補助事業の内容に関するお問合せにはお答えできません。

■実演家等の申請条件の事前確認とは
各分野の統括団体等においては、実演家等が当該分野で活動できる能力を有するか、今後も継続して活動に携わる意思があるか等の観点から本事業の補助対象者として適当であるかを確認し、事前確認を行います。条件を満たしていた場合、確認番号が発行されますので、その番号を事業申請の際に入力してください。(事前確認番号が発行された方は、申請時に一部書類の提出が不要となり手続きが簡易化します)

①実演家等は事前確認を希望する場合には、統括団体等に依頼します。
統括団体等は、事前確認の希望者が条件に合致しているかの確認を行います。
③条件を満たしている場合は、承認するとともに、確認番号の発行・通知を行います。
④実演家等は申請の際、その確認番号を入力します。
⑤実演家等と統括団体等の情報を確認し、一致する場合は、申請者が本事業の申請条件を満たしているものとし、事務処理を進めます。
活動継続・技能向上等支援事業費補助金(緊急支援パッケージ)」とは
新型コロナウイル感染拡大の影響により活動自粛を余儀なくされたフリーランスなど実演家や舞台スタッフに対し、感染対策を行いつつ、直面する課題を克服し、活動の再開・継続に向けた積極的取組等を経済的に支援するものです。支援の対象としては、公演だけでなく、技芸の向上や稽古等幅広い活動を想定しています。7月10日(金)より募集を開始しています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、実演家や舞台スタッフ等は大変大きな経済的打撃を受けています。芸術文化の一端を担っている現代舞踊協会では、ぜひリンク先の募集要項を熟読していただき、本補助事業を上手に活用して活動の再開・継続の一助としていただければと考えています。

 

 

 

コロナ対応の補助金事業に申請をお考えの方へ。

2020.07.06

7月10日(金)よりフリーランスなど実演家や舞台スタッフ等への支援として、「活動継続・技能向上等支援事業費補助金(緊急支援パッケージ)」の募集が開始されます。この事業は、新型コロナウイル感染拡大の影響により活動自粛を余儀なくされたフリーランスなど実演家や舞台スタッフに対し、感染対策を行いつつ、直面する課題を克服し、活動の再開・継続に向けた積極的取組等を支援するものです。支援の対象としては、公演だけでなく、技芸の向上や稽古等幅広い活動を想定しています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、実演家や舞台スタッフ等は大変大きな経済的打撃を受けています。芸術文化の一端を担っている現代舞踊協会では、ぜひリンク先の募集要項を熟読していただき、本補助事業を上手に活用して活動の再開・継続の一助としていただければと考えています。

 

現代舞踊協会は、本補助事業に申請を希望するフリーランスの申請手続きが簡易化する「事前確認証(固有の確認番号)」を発行する団体として認定を受け、会員の皆様をはじめ、プロとして舞台芸術に携わっている実演家等・舞台スタッフの皆様が円滑に申請し採択されるようお手伝することになりました。

事前確認証の発行申請は専用の申請フォームからのみ受け付けます。申請フォームのURLは、7月13日(月)に公開いたします。
※本補助事業の内容に関するお問合せにはお答えできません。

■実演家等の申請条件の事前確認とは
各分野の統括団体等においては、実演家等が当該分野で活動できる能力を有するか、今後も継続して活動に携わる意思があるか等の観点から本事業の補助対象者として適当であるかを確認し、事前確認を行います。条件を満たしていた場合、確認番号が発行されますので、その番号を事業申請の際に入力してください。(事前確認番号が発行された方は、申請時に一部書類の提出が不要となり手続きが簡易化します)

①実演家等は事前確認を希望する場合には、統括団体等に依頼します。
統括団体等は、事前確認の希望者が条件に合致しているかの確認を行います。
③条件を満たしている場合は、承認するとともに、確認番号の発行・通知を行います。
④実演家等は申請の際、その確認番号を入力します。
⑤実演家等と統括団体等の情報を確認し、一致する場合は、申請者が本事業の申請条件を満たしているものとし、事務処理を進めます。

アートにエールを!ステージ型の募集が開始しました!

2020.07.01

東京都が実施している「アートにエールを!」第二弾が募集を開始しました。新型コロナウイルス感染症の影響により、予定していた公演が中止・延期となった団体を対象として、劇場・ホール等を利用して無観客や入場制限により開催する公演等の作品の企画を募集するというもので、現代舞踊/コンテンポラリーダンスも対象ジャンルです。詳しくは下記リンク先をご覧ください。

アートにエールを!東京プロジェクトステージ型 募集要項

令和3(2021)年度 文化庁「新進芸術家海外研修制度」(長期研修)の募集開始!【締切:8/3】

2020.06.16~2020.08.03

文化庁「新進芸術家海外研修制度」の令和3(2021)年度長期研修の対象者募集が開始されました。申請締切は2020年8月3日(月)消印有効。申請についての詳細は下記サイトより募集案内をダウンロードしてご確認ください。

【本事業ホームページ】http://www.zaikenbunka.go.jp/
【文化庁ホームページ】http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/kenshu/

申請方法
①「新進芸術家海外研修制度事業」事務局(株式会社JTBコミュニケーションデザイン内)へ直接提出する。
②現代舞踊協会を通して提出する。
①②のどちらの方法で提出しても、審査には影響しません。

なお、現代舞踊協会では募集内容についてのお問い合わせにはお答えできません。募集に関する詳細は、上記ウェブサイトをご覧いただき「新進芸術家海外研修制度事業」事務局(株式会社JTBコミュニケーションデザイン内)までお問い合わせください。

 

文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ(令和2年度2次補正予算案)公開!

2020.06.01

文化庁より、文化芸術関係者への具体的支援策が発表されました。フリーランスを含む舞踊家など実演家や技術スタッフ等に対し、最大150万円を支援するものです。

先ごろ実施いたしました「新型コロナウイルス感染拡大防止によるフリーランスに対する公的支援に関する実態調査」の結果をもとに、萩生田文科大臣を通じ、文化芸術振興議員連盟会長の河村建夫衆院議員らが、舞踊家をはじめとする芸術家への支援を政府に提言し、実現しました。

アンケートに協力してくださった皆様、現代舞踊協会が実施したアンケート調査への連携を表明していただいた一般社団法人 日本フラメンコ協会、公益社団法人 日本バレエ協会、一般社団法人 日本バレエ団連盟、一般社団法人 日本ベリーダンス連盟の各団体にも、心より感謝申し上げます。

支援の内容。申請方法など、詳しくは文化庁が公開した資料「文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ」をご覧ください。

 

選抜新人舞踊公演オーディション参加者募集開始!

2020.05.25

お待たせしました。2020年度(令和2年度)選抜新人舞踊公演オーディションの参加者募集を開始しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、本年度は映像による審査です。お手持ちのスマホなどで作品を撮影し、ふるってご応募ください。

募集要項はコチラ

選抜新人舞踊公演オーディション2020 参加者募集のお知らせvol.3

2020.05.25〜2020.07.15

(一社)現代舞踊協会では、「文化庁委託事業 現代舞踊新進芸術家育成Project1」への参加者を募集するため、映像審査による選抜オーディションを実施いたします。お持ちのスマホなどで作品映像を撮影し、CD-RまたはDVD-Rに記録してご応募ください。ふるってご参加ください。

選抜新人舞踊公演の専用アドレスができました。お間違えの無いようお願いします。
専用アドレス:senbatu2020@gendaibuyou.or.jp

応募資格

  • 18歳以上の日本在住者(国籍や性別は問いません。2020年3月に高等学校等を卒業された方は可)
  • 合格後、ブラッシュアップ作品下見、スタッフ作品下見、本番前の舞台リハーサル、本番におおむね全日程参加できる方(下記 上演までのスケジュール 参照)
  • 下見・通し稽古費用は一切かかりません。(会場までの交通費は自己負担です)
  • 選考の過程で収録・撮影された肖像等は、本オーディションや公演に関するテレビ、雑誌、WEB、チラシ等各種メディアで使用する場合がありますので、予めご了承ください。また本オーディションの肖像の権利は一般社団法人現代舞踊協会が保有します。
  • 未成年者の方は、保護者の承諾が必要になります。

応募規定

  • 本公演上演の際に振付者には振付料を、出演者全員には出演料をお支払いします。(チケット負担あり)
  • カテゴリは「ソロ・デュオ」と「3人以上の群舞」の2つ。
    ※2つのカテゴリに同時に応募することも可能です。
  • 3分~7分以内の作品であること。
    ※新作/オリジナルは問いません。申込者のオリジナルでない作品で応募する場合は、振付者の許諾が必要です。
  • 合格後に、審査に提出した作品を大幅に改変することはできません。
  • ダンスの技術や表現力だけでなく、オリジナリティや数値化できない魅力なども考慮して審査するため、作品の創作意図や魅力を言葉やイラストなどで審査員に伝える「作品ノート」(フォーマットは受付完了後に事務局から郵送します)をご提出ください。

オーディション参加費

  • ソロ・デュオ作品 6,000円(一般)/4,500円(協会員)
  • 群舞(3名以上)作品 5,000円(一般)/3,500円(協会員)

応募方法

申し込み受け付けを終了しました

締切

2020年7月15日(水) 23:59

問合せ

E-mail:senbatu2020@gendaibuyou.or.jp
一般社団法人現代舞踊協会「選抜新人舞踊公演オーディション2020事務局」

  • タイトルに「選抜新人舞踊公演オーディション問い合わせ」と明記のうえ送信してください。

審査の流れ

  1. 申し込みフォームよりエントリー
  2. 受付事務局より必要書類等をメール送信・郵送
    (受付後3日程度以内を予定)
  3. 作品映像の撮影・メディアに記録して提出7月31日(金)必着
    提出方法はコチラ
  4. 審査・合格発表審査 8月1日(土)~8月7日(金)
    合否通知 8月10日(月・祝)
    ※合否通知は申し込み時に入力したメールアドレス宛に送信します。
    ※合否に関する問合せ不可。

個人情報の取り扱いについて

(一社)現代舞踊協会では「選抜新人舞踊公演オーディション2020」にご応募いただいた方の住所・氏名・電話番号及びE-mailアドレスなどの個人を認識できる情報(以下「個人情報」といいます)は、「選抜新人舞踊公演オーディション2020」選考・合否発表などの連絡、及びオーディション合格後に実施するブラッシュアップ作品下見・スタッフ作品下見・リハーサル・本公演に関するすべての諸連絡の目的のみに利用し、他の目的には使用いたしません。

本公演について

文化庁委託事業「令和2年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
現代舞踊新進芸術家育成Project1「選抜新人舞踊公演」

オーディション通過者には充実のバックアップ企画を用意

舞台での上演に向けて、作品創作を強力にバックアップします。

  • 振付料・出演料をお支払いします。
  • 限定1組に衣裳製作費用を全額補助します。
  • 限定10組にリハーサル会場を提供します。(群舞作品優先)
  • 現代舞踊協会制定「新人賞」「新人振付賞」を選出し、賞状・賞金10万円を授与します。

上演までのスケジュール

上演までの時間を活用して、作品創作の可能性を広げるための下記サポートがあります。

  • 8月10日(月) 合格通知
  • 8月31日(月) 彩の国さいたま芸術劇場小ホール劇場見学会(午後区分の中で1時間程を予定)
    ステージスタッフ・会館スタッフが同行し、演出等の質問に答えます。
  • 8月31日(月) ブラッシュアップ作品下見
    彩の国さいたま芸術劇場大練習室(午後から夜間)
    本公演の作品順を決定。早期にステージ&技術スタッフのアドバイスをうけ、作品演出の可能性を広げる。
  • 9月23日(水) スタッフ作品下見
    彩の国さいたま芸術劇場大練習室(午後から夜間)
    舞台スタッフとの打合せで、舞台作品としての総合的な完成が目指せます。
  • 10月9日(金) 公演両日の全作品/舞台リハーサル(場当たり・通し稽古)
    本番の舞台空間を利用した場当たり・通し稽古により、本公演でのよりベストなパフォーマンスが目指せます。

戻る

皆さまのご応募をお待ちしています。
企画制作:一般社団法人現代舞踊協会 事業部
(坂本秀子、川村昇、松本直子)

選抜新人舞踊公演オーディション2020 作品映像の撮影・提出方法について

2020.05.25〜2020.07.31

映像の撮影ルール

  • カメラはスマホやタブレットなどでもかまいませんが、必ずワンカメラ(1台のみ)で撮影してください。
  • カメラを固定する必要はなく、ダンサーの動きに合わせてカメラを移動しての撮影はOKです。
  • マクロ撮影や映像の編集、加工は認めません。
  • 撮影するアングルに指定はありませんが、作品全体が視認できるよう『横撮り』で撮影してください。
  • ダンサー全員の動き(体)全体が視認できるように撮影してください。(被写体が大きく切れるような撮影は認めません。)
  • 衣裳等は自由です。(稽古着などでもOK)
  • 作品の始まりと終わりには、はっきり判る合図を入れてください。
  • 撮影した映像データは、合否通知があるまで保管してください。

提出方法について

  • 映像はCD-RやDVD-Rメディアに記録し、特定記録郵便など配達状況が追跡できる方法でご提出ください。
    ※宅急便、郵便レターパック等を利用。
  • 間違いを避けるため、追跡番号を作品映像の発送後に下記メールアドレスまでお知らせください。
  • 「提出者氏名・作品タイトル」は、必ずCD-RやDVD-Rメディア本体に記入してご提出ください。
    ※テープ等に記入してメディア本体に貼付したり、ケース等への記入は不可。
  • ダンスの技術や表現力だけでなく、作品のオリジナリティや数値化できない魅力なども考慮して審査するため、創作意図や魅力を言葉やイラストなどで審査員に伝える「作品ノート」を同封してご提出ください。
    ※「作品ノート」のフォーマットは受付完了後に事務局から郵送します。
【提出期日】
7月31日(金) 必着
【送付先】
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-21-3 グレイス代官山402
一般社団法人現代舞踊協会「選抜新人舞踊公演オーディション2020事務局」
※封筒などの表面には「オーディション資料」と朱書きしてください。
  • ご提出いただいたメディアは返却しません。
  • 選考の過程で収録・撮影された肖像等は、本オーディションや公演に関するテレビ、雑誌、WEB、チラシ等各種メディアで使用する場合がありますので、予めご了承ください。また本オーディションの肖像の権利は一般社団法人現代舞踊協会が保有します。

本公演の劇場について

彩の国さいたま芸術劇場小ホール舞台・客席画像
客席は舞台正面・上手・下手の3方向にあります。
舞台簡易図面
幅5間×奥行6間(9m×10.8m) 出入り位置(→印)上手・下手
※舞台奥の扉、両サイドの階段、客席など利用可能です。

問合せ

E-mail:senbatu2020@gendaibuyou.or.jp
※タイトルに「選抜新人舞踊公演オーディション作品映像について」と明記のうえ送信してください。

一般社団法人現代舞踊協会「選抜新人舞踊公演オーディション2020事務局」
TEL 03-5457-7731

事務局業務のテレワークについて(6/2更新)

2020.05.10

いつも大変お世話になっております。現代舞踊協会事務局です。 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、6月末日まで事務局業務は交代勤務・時短勤務・時差出勤を実施いたします。電話対応ができづらくなる場合がありますので、緊急の御用がある方は、FAX(03-5457-7732)またはメール(office★gendaibuyou.or.jp、★を@に変換してください)にてご連絡ください。 会報誌(春号)は、7月発行予定の夏号との合併号とさせていただきます。どうぞご了承ください。  

稲盛財団文化芸術支援プログラム(募集終了・支援先決定)

2020.04.28

公益財団法人稲盛財団(理事長 金澤しのぶ)では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために公演等の中止またはキャンセルを余儀なくされた文化芸術活動に対し、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会の協力を得て、支援を実施しています。 「稲盛財団文化芸術支援プログラム」 【支援額】総額3憶円(支援金 1千万円を10件、500万円を40件を想定) 【対 象】演劇、音楽、舞踊、演芸、伝統芸能、スタッフなどの実演芸術団体等で、 2020年3月~4月の2ヶ月間に500万円以上の機会損失があった団体 【募集期間】2020年4月28日(火)~2020年5月17日(日) 【応募先、詳細】公益財団法人稲盛財団 URL https://www.inamori-f.or.jp/2020/04/28_forarts ※緊急事態宣言下での迅速な審査および支援実施のため、応募資格や審査基準などの個別のお問い合わせには対応いたしかねます。 ※支援先が決定いたしました。

第37回(令和元年)江口隆哉賞 授賞者のお知らせ

2020.04.24

第37回江口隆哉賞授賞者が山田うん氏に決定しましたのでお知らせいたします。 【受賞のことば】 このたびは第37回江口隆哉賞授与という身に余る過大な評価を頂き、心より厚く御礼を申し上げます。 13歳で舞踊を学んだ師、故・山崎花江は江口隆哉氏の月曜会に学び、現代舞踊の道に入りました。師の学びあっての私の学び。偉大な舞踊家の仕事とは、目に見えない形で、過去と未来を力強く繋ぎ、次世代の誰かが渡る橋を作るダイナミズムなのだと深く感じます。そして私を押し上げてくれる全ての出来事、出会い、仲間達に感謝いたします。 今、2020年の真っ只中。現実の扉だけが開きっぱなしで、舞踊の奇跡が起こる場には鍵がかかっています。このような事態になるとこれまでの世界が健全だったようにも思えますが、果たして数ヶ月前までの舞踊芸術の行く先はどうだったのだろうとも思い、加速しすぎた時間の流れを取り戻すかのような舞踊の奇跡は今なのではないかとも思います。誰もいない稽古場で踊りながら、時折じっと目を閉じて、今、何を見つめ、これからの時代に何を指し示すことができるだろう、と考えております。 どんな困難な時代でも、どんな平和な時代でも、太古からそうであるように舞踊は尊い表現として存在し続けなくてはならないと思っています。これまでもそうであったようにこれからも。無力な踊りなど一つもないのですから。 私にとって舞踊を生み出すことは、自然と秩序と混沌の中で、自由を生成する姿勢です。生命のための舞踊を追求し、未来に橋を架けられるような領域へ、恐れず、丁寧に、大胆に、精進して参りたいと思います。受賞のことばを通して、世界中のあらゆる立場の人々の無事と健康を祈りながら。             山田うん(撮影:Hal kuzuya)   ※江口隆哉賞 わが国における現代舞踊の振興と協会の繁栄に尽力した故江口隆哉元会長の功績を記念して、1983年に制定されたもっとも権威ある現代舞踊賞です。毎年1月1日~12月31日までの期間、優れた現代舞踊作品を創作発表した作者に対し、過去の実績を加味し授与しています。 第37回江口隆哉賞選考委員 舞踊評論家 うらわまこと(委員長) 佐々木涼子 立木燁子 林愛子 一般社団法人現代舞踊協会 副会長 池田瑞臣 同常務理事 正田千鶴 同理事 松永雅彦 同理事長 花輪洋治

新型コロナウイルス感染拡大防止によるフリーランスに対する公的支援に関する実態調査結果

2020.04.20

2020年4月15日~4月20日午前0時の期間に実施した「新型コロナウイルス感染拡大防止によるフリーランスに対する公的支援に関する実態調査」アンケートの結果を報道機関向けのプレスリリースとしてまとめましたので公開します。本プレスリリースは、実演家団体の総意として、国会・文化庁・文部に送ります。 プレスリリース2020420 調査団体:日本俳優連合、日本音楽家ユニオン、現代舞踊協会、日本フラメンコ協会、日本バレエ協会、日本バレエ団連盟、落語協会、落語芸術協会、上方落語協会(順不同) なお、実施したアンケート調査は一定の成果を得たとの判断から、終了とさせていただきます。皆さまのご協力に感謝申し上げます。

「東京都感染拡大防止協力金」について

2020.04.18

東京都より「感染拡大防止協力金」について発表がありました。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京都の要請および協力依頼に対し、施設の使用停止に全面的に協力した中小事業者に対し協力金が支給されることになりました。休止要請等の対象となる施設には「バレエ教室」が対象であるとの記載がありますが、類似するダンス系の教室も対象となります。 現時点では、令和2年4月16日から5月6日までの期間で休業に協力した施設が対象です。詳しくは、東京都産業労働局のホームページをご参照ください。 東京都産業労働局「感染拡大防止協力金」について ※その他の都道府県に関しては、各自治体にご確認ください。

選抜新人舞踊公演オーディション2020 参加者募集のお知らせvol.2

2020.05.10~2020.05.14

「選抜新人舞踊公演オーディション2020」 7月14日(火)に予定しておりました伝承ホールでの実技審査は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止になりました。 オーディションを、映像での審査にて実施することをお知らせいたします。 詳細は5月中旬にホームページに公開される「選抜新人舞踊公演オーディション2020 参加者募集のお知らせvol.3」をご覧ください。

現代舞踊協会の事務局業務を在宅ワークといたします

2020.04.06

いつも大変お世話になっております。現代舞踊協会事務局です。 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、4月7日(火)より4月20日(月)まで事務局業務を在宅ワークといたします。これにより、お電話でのご連絡が取れなくなりますのでご了承ください。なお、緊急の御用がある方は、FAX(03-5457-7732)またはメール(office★gendaibuyou.or.jp、★を@に変換してください)にてご連絡ください。 また、通常の事務局業務が滞るため、4月24日(金)発行予定の会報は、5月中旬をめどに延期させていただきます。どうぞご了承ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止にともなう経済的支援に関する情報

2020.04.02

現代舞踊協会は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策にともなう政府、自治体、劇場、スタジオ等からのイベントやレッスン等の自粛・中止要請により経済活動がひっ迫している舞踊家の皆様の実態把握に務めるとともに、芸団協や関連団体と連携し、舞踊家をはじめとする実演家への経済的支援・経済的救済を強く訴えかけてまいります。   ■新型コロナウイルス感染症の影響により生活資金でお悩みの舞踊家、スタッフの皆様へ 生活福祉資金貸付制度 生活福祉資金貸付制度では、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸付を実施しています。 ■新型コロナウイルス感染症の影響で資金繰りにご不安を感じている事業者の皆様へ 経済産業省の支援策(2020年4月2日時点) ※情報は随時更新されますので、ご留意ください。  

新型コロナウィルス感染拡大防止による第62回通常総会の変更について

2020.04.02

一般社団法人現代舞踊協会では、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、2020年6月2日(火)に予定しておりました「支部懇談会」「会員懇親会・授与式」を中止することといたします。また、第62回通常総会の開始時間を20分繰り上げますので、あわせてご通知いたします。 多くの会員の皆様方にご出席いただけるよう鋭意準備を進めてまいりましたが、日増しに高まる感染リスクを慎重に検討いたしました結果、皆様の安全を最大限確保するため総会にご出席予定の皆様には出席をご遠慮いただきたくお願い申し上げます。昨今の社会情勢をかんがみ、このようなお願いをするに至りました。どうぞご理解賜りますようお願いいたします。 なお、法令に基づき滞りなく総会を執り行うためには、会員の皆様からの委任状が過半数必要です。まだご投函がお済みでない方は、1月発行の協会報に折り込まれているハガキに必要事項をご記入の上、お近くのポストにご投函ください。ハガキを紛失された方は電子メールにて委任する旨を入力の上、協会事務局(office★gendaibuyou.or.jp)までお送りください。※★を@に変えてお送りください。 一般社団法人現代舞踊協会会長 植木浩  

新型コロナウィルスの影響による公演・講習会中止のお知らせ

2020.04.02

新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、一般社団法人現代舞踊協会では2020年に予定しておりました以下の公演事業・講習会事業を中止いたします。 5月の祭典 2020年5月28日(木)・29日(金) 目黒パーシモンホール ※チケットの払い戻しにつきましては、ご購入されたご出演者さま等にお尋ねください。 全国青少年夏の舞踊祭 2020年8月6日(木) 中野ゼロホール 夏期舞踊大学講座2020 2020年8月22日(土)・23日(日) 芸能花伝舎

選抜新人舞踊公演オーディション2020 参加者募集のお知らせvol.1

次代を担う舞踊家の登龍門 選抜新人舞踊公演オーディション2020 新進芸術家育成事業として、現代舞踊協会の会員に限らずご応募できます。 ~ 舞踊技術、表現力、独自性、作品のもつ魅力等、多面的に審査します ~ オーディション 開催日:2020年7月14日(火) 開催会場:渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール ※応募締切:2020年6月11日(木) 本公演 文化庁委託事業「令和2年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業(申請中)」 現代舞踊新進芸術家育成Project1「選抜新人舞踊公演」 日程:2020年10月10日(土)・11日(日) 会場:彩の国さいたま芸術劇場 小ホール 詳細、ならびに申し込み方法は後日発表いたします。    

都民芸術フェスティバル参加現代舞踊公演「時空をこえる旅-舞台-へようこそ」チケット払い戻しについて

2020.03.16

■チケットぴあでご購入のお客様はこちらをご覧ください。 公演中止・延期・発売方法変更による払い戻しについて。 チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111(10:00~18:00) 【払い戻し期間:3月19日(木)10:00~5月31日(日)23:59】 ■東京芸術劇場ボックスオフィス 〇WEBでご購入のお客様はこちらをご覧ください。 〇窓口・お電話でご購入のお客様は下記にお問合せください。 東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00) 【払い戻し期間:3月19日(木)10:00~5月31日(日)23:59】

2020都民芸術フェスティバル参加公演 現代舞踊公演 中止のお知らせ

2020.03.13

3月26日(木)・3月27日(金)2020都民芸術フェスティバル参加公演 現代舞踊公演は、両日とも中止となりましたことをご報告いたします。 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、ご来場されるお客様及び出演者、スタッフの健康および安全を最優先に考慮しました結果、本公演を中止することといたしましたのでお知らせいたします。 ご購入いただいていたチケットお取り扱いにつきましては、①出演者等よりご購入されたお客様②一般のチケットガイドでご購入されたお客様でご対応が異なります。決定次第、あらためてお知らせします。 一般社団法人現代舞踊協会フェスティバル部では、出演者・スタッフが一丸となり本公演開催に向けて準備を進めて参りましたが、日々増大する事態の緊急性・重大性によりこのような決断に至りました。公演を楽しみにされていらした皆様には本当に申し訳なく、残念なお知らせをせざるを得ず心よりお詫び申し上げます。何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。 令和2年(2020年)3月13日 一般社団法人現代舞踊協会 理事長 花輪洋治 フェスティバル部担当常務理事 井上恵美子  

一日舞踊大学講座2020  中止のお知らせ

2020.03.02

受講をご希望の皆様へ 3月14日(土)に予定しておりました一日舞踊大学講座は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止になりましたことをお知らせいたします。すでに受講をお申し込みいただいた方々、ご準備いただいた皆様には、大変申し訳なく、残念ですが、講師の先生方をはじめ、受講される皆様の健康、安全を考慮しての決定です。ご理解いただければ幸いです。 また、講師の市田京美さんとの話し合いで、改めて11月の開催も検討中です。替わりの日にちが決定次第、また現代舞踊協会HP上でお知らせいたします。 (一社)現代舞踊協会 研究企画部  

DANCE PLAN 2020 中止のお知らせ

2020.03.02

3月6日(金)・3月7日(土)ダンスプラン2020は、両公演とも中止となりましたことをご報告いたします。 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、ご来場されるお客様及び出演者、スタッフの健康および安全を最優先に考慮しました結果、本公演を中止することといたしましたのでお知らせいたします。 ご購入いただいていたチケットお取り扱いにつきましては、①出演者等よりご購入されたお客様②一般のチケットガイドでご購入されたお客様でご対応が異なります。決定次第、あらためてお知らせします。 一般社団法人現代舞踊協会事業部では、出演者・スタッフが一丸となり本公演開催に向けて準備を進めて参りましたが、日々増大する事態の緊急性・重大性によりこのような決断に至りました。公演を楽しみにされていらした皆様には本当に申し訳なく、残念なお知らせをせざるを得ず心よりお詫び申し上げます。何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。 令和2年(2020年)3月2日 一般社団法人現代舞踊協会 理事長 花輪洋治 事業部担当常務理事 坂本秀子  

全国新人舞踊公演(通算第130回)DANCE PLAN 2020のチケットをご購入されたお客様へ(公演実施について)

2020.02.26

平素より現代舞踊協会の主催公演にご来場くださりありがとうございます。 全国新人舞踊公演(通算第130回)DANCE PLAN 2020は、予定どおり3月6日(金)、7日(土)の2日間開催いたします。 なお、各種感染症拡大予防のため、下記の対応と対策をとらせていただきます。 ご来場のお客様におかれましても、なにとぞご理解・ご協力のほどお願いいたします。 ・公演当日は、協会スタッフ・劇場スタッフともにマスク着用のうえ、お客様対応をいたします。 ・ご来場の際は、劇場備え付けの消毒液にて手指消毒の実施にご協力ください。また、可能なかぎりマスクのご持参・着用へのご協力をお願いいたします。 ・体調に不安のある方のご来場は、くれぐれもご無理のないようにお願いいたします。 ・発熱などの症状のある方のご入場をお断りさせていただく場合もございます。 ・終演後は、ロビーでの出演者等とのご歓談はご遠慮ください。 【次に該当するお客様はご来場をお控えください】 ●37.5℃以上の発熱や咳・くしゃみなど風邪様症状のある方。 ●ご家族や近親者に新型コロナウイルスの感染の疑いがある方、または風邪様症状のある方。 今後、状況に変化がある場合には必要な対応と対策を検討の上、随時実施していく予定です。 お客様におかれましてはご不便をおかけするかと存じますが、どうぞご協力くださいますようお願い申し上げます。 厚生労働省【感染症対策へのご協力をお願いします】 ※クリック/タップするとPDFが開きます。  

一日舞踊大学講座2020 参加者募集

2020.01.06〜2020.03.10

ダンスと教育

ワークショップとデモンストレーション「ピナ・バウシュの身体表現」
時間・空間・重さの3つの要素/身体の内側から外側へ/身体の解放、自己の発見
(10:00~12:20)
講師:市田京美 トーマス・デュシャトレ
「そこが知りたい海外研修」
(12:20~13:00)
大橋美帆(イスラエル)
座談会「舞踊の多様性の時代に、改めてピナ・バウシュの世界を検証しその魅力を探る」
(14:00~15:30)
パネラー:
市田京美
トーマス・デュシャトレ
貫 成人
加藤みや子
受講者によるデモンストレーション「ピナ・バウシュのレパートリーから学ぶ」
(15:30~16:45)
(続きを読む…)