News

映画『ザ・ダンサー』のご案内

2017.05.22

『ザ・ダンサー』は、モダンダンスの祖と言われるロイ・フラーの人生を描いた物語で、マドンナのミュージックビデオに出演し話題となったソーコがロイ・フラーを演じ、イサドラ・ダンカン役をジョニー・デップの娘、リリー=ローズ・デップが演じています。女性が活躍するのが難しいかった時代に、夢をもって切り開いたロイ・フラーの生き方に共感できる映画です。

『ザ・ダンサー』
6月3日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマほか全国公開

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門正式出品/第42回セザール賞6部門ノミネート

監督:ステファニー・ディ・ジュースト
出演:ソーコ(「博士と私の危険な関係」)、リリー=ローズ・デップ(「Mr.タスク」)、ギャスパー・ウリエル(「たかが世界の終わり」)
原題:La Danseuse/2016年/フランス・ベルギー/仏語・英語/108分
配給:コムストック・グループ/配給協力:キノフィルムズ/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR – WILD BUNCH – ORANGE STUDIO – LES FILMS DU FLEUVE – SIRENA FILM

平成28年度 河上鈴子スペイン舞踊新人賞 授賞者決定

2017.04.05

平成28年度 河上鈴子スペイン舞踊新人賞の授賞者が決定しましたのでお知らせします。
※河上鈴子スペイン舞踊新人賞わが国の舞踊文化に大きな功績を残された故河上鈴子元会長を記念し、スペイン舞踊の新人を育成する目的で1988年11月10日に制定されました。当協会が毎年主催しています新人舞踊公演「ダンスプラン(全労済ホール/スペース・ゼロ提携公演)」のスペイン舞踊部門より最優秀者を選出し授与しています。

平成 28年度ダンスプラン賞

2017.04.05

平成28年度ダンスプラン賞が決定しましたのでお知らせします。
※ダンスプラン賞新人育成・創作活動の推奨を目的として、一般社団法人現代舞踊協会が平成18年度に制定した賞です。対象作品:ダンスプラン発表作品(出品者が振りつけた作品に限る)

第34回(平成28年)江口隆哉賞 授賞者のお知らせ

2017.04.04

第34回江口隆哉賞授賞者が坂本秀子氏に決定しましたのでお知らせいたします。

【受賞のことば】
このたびは、現代舞踊協会制定 第34回「江口隆哉賞」を授与いただき厚く御礼申し上げます。

私は高校時代に体操競技、大学で恩師の金井芙三枝先生と出会い、舞踊の魅力に悩殺され、以来、理想を追い求めて精進して参りました。私が育った稽古場には、江口先生の写真が飾られていて、そのお顔は穏やかでしたが日毎に違って見えたのを思い出します。今回の受賞は孫弟子である私にとりまして、言葉では上手く表現できない熱い想いがございます。

本当の意味でこの賞に相応しい舞踊家となるために、今後も活動を続けて参りますので宜しくご指導の程お願い申し上げます。

最後に作品を支えて下さったすべての皆様に感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

坂本秀子

 

※江口隆哉賞

わが国における現代舞踊の振興と協会の繁栄に尽力した故江口隆哉元会長の功績を記念して、1983年に制定されたもっとも権威ある現代舞踊賞です。毎年1月1日~12月31日までの期間、優れた現代舞踊作品を創作発表した作者に対し、過去の実績を加味し授与しています。

第34回江口隆哉賞選考委員
舞踊評論家 うらわまこと(委員長) 伊地知優子 高橋森彦 立木燁子
一般社団法人現代舞踊協会 副会長 池田瑞臣、同相談役 金井芙三枝、同常務理事 正田千鶴、同常務理事 野坂公夫、同理事長 花輪洋治

 

 

 

 

平成 27年度ダンスプラン賞

2016.02.25

平成27年度ダンスプラン賞が決定しましたのでお知らせします。

※ダンスプラン賞
新人育成・創作活動の推奨を目的として、一般社団法人現代舞踊協会が平成18年度に制定した賞です。
対象作品:ダンスプラン発表作品(出品者が振りつけた作品に限る)

第17回(平成26-27年)河上鈴子賞 授賞者のお知らせ

2016.02.23

第17回河上鈴子賞授賞者が石井智子氏に決定しましたのでお知らせいたします。

【受賞のことば】
この度は、河上鈴子スペイン舞踊賞をいただき、ありがとうございました。

9才からフラメンコを始め、ちょうど40年目にあたる本年に、このような名誉ある賞を受賞できましたこと、大変光栄に思っております。これまでご指導下さった諸先生方、舞台活動を応援して下さった多くの皆様、陰で支えてくれた全ての方々に心から感謝の気持ちでいっぱいです。学ぶことを忘れず、これからも自分の研鑽、カンパニーの充実に努め、更に次世代の後進の育成にも力を入れながら、全力で舞台創作活動を続けていきたいと思っております。

 

 

 

 

石井智子

 

※河上鈴子賞
二年に1度選出される最高峰のスペイン舞踊賞として、わが国におけるスペイン舞踊の先駆者である故河上鈴子の功績を記念し昭和63年(1988年)に制定。日本国内で発表されたスペイン舞踊及びフラメンコ舞踊の分野で、特に優れた業績をあげた個人または団体を対象として、過去の実績を加味し、舞踊家、舞踊評論家、学識経験者等からなる委員会により選考されました。

第17回河上鈴子賞選考委員
舞踊評論家 佐々木涼子、舞踊評論家 伊地知優子、スペイン舞踊家 山田恵子、、一般社団法人現代舞踊協会常務理事 北井一郎(選考委員長)、同常務理事 加藤みや子、同理事 井上恵美子、同理事 杉原ともじ

平成27年度 新人賞・新人振付賞

2015.10.29

平成27年10月21日~22日の2日間にわたり、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールにおいて、文化庁委託事業「平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」として、オーディション選出の新人舞踊家により行われた「選抜新人舞踊公演」への出品作品を厳正に審査し選考いたしました。

平成27年度 時代を創る現代舞踊公演 優秀賞・奨励賞・群舞奨励賞

2015.09.17

平成27年9月8日~10日の3日間にわたり、渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールにおいて、文化庁委託事業「平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」として行われました「2015時代を創る現代舞踊公演」への出品作品を厳正に審査し選考いたしました。
※「時代を創る現代舞踊公演 優秀賞」は、「奨励賞」「群舞奨励賞」の既受賞者より選出されるより優れた賞として2012年に制定されました。※「時代を創る現代舞踊公演 奨励賞」「時代を創る現代舞踊公演群舞奨励賞」 は、既受賞者は対象外です。

平成27年度 河上鈴子記念現代舞踊フェスティバルチャコット賞

2015.08.28

チャコット株式会社制定 平成27年度 チャコット賞が決定しました。この賞は、平成27年8月28日にメルパルクTokyoにおいて、文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」として行われました「全国新進芸舞踊家による現代舞踊フェステ ィバルin東京」への出品作品を厳正に審査し選考いたしました。
※全国新進芸舞踊家による現代舞踊フェステ ィバルは隔年ごとに東京と地方とで開催していますが、地方開催時には「河上鈴子記念現代舞踊フェスティバル優秀賞」は選考いたしません。※ チャコット賞は、東京・神奈川からの出品者は対象外です。

平成27年度 河上鈴子スペイン舞踊新人賞 授賞者決定

2015.02.25

平成27年度 河上鈴子スペイン舞踊新人賞の授賞者が決定しましたのでお知らせします。

※河上鈴子スペイン舞踊新人賞
わが国の舞踊文化に大きな功績を残された故河上鈴子元会長を記念し、スペイン舞踊の新人を育成する目的で1988年11月10日に制定されました。当協会が毎年主催しています新人舞踊公演「ダンスプラン(全労済ホール/スペース・ゼロ提携公演)」のスペイン舞踊部門より最優秀者を選出し授与しています。

第32回(平成26年)江口隆哉賞 授賞者決定のお知らせ

2015.02.23

第32回江口隆哉賞授賞者が勅使川原三郎氏に決定しましたのでお知らせいたします。

【受賞のことば】
諸先輩先生の皆様が、若輩の私を江口隆哉賞に推薦してくださいましたことに喜びとともに感謝します。

受賞の知らせは意外な驚きでした。ダンスを始めてすでに40年以上経ちますが、いわゆるダンス界の方々との直接の付き合いはほとんどなかった私は、いつも異端で少し厄介な存在であったのではないでしょうか。私がダンスを始める直前の頃、1972,73年に故若松美黄さん(現代舞踊協会前理事長)の「とんつくとんとん」という緩んだ身体とリズムの無意味なすっとぼけたダンスに軽やかな心地よい衝撃を受けたのが初めてのダンスでした。その時、自分自身に対して息苦しかった若者が、不安定で地に足がついていなくてもなんとかなるもんだぞ、と勇気づけられた気がしたのは事実です。

亡くなられる数年前に若松さんとお会いする機会に恵まれましたが、次に出会えるだろう天国で一緒に踊らせてもらえるようなダンスを用意しておきます。

 

 

 

 

勅使川原三郎(撮影:稲垣徳文)

※江口隆哉賞
わが国における現代舞踊の振興と協会の繁栄に尽力した故江口隆哉元会長の功績を記念して、1983年に制定されたもっとも権威ある現代舞踊賞です。毎年1月1日~12月31日までの期間、優れた現代舞踊作品を創作発表した作者に対し、過去の実績を加味し授与しています。

第32回江口隆哉賞選考委員
舞踊評論家 山野博大(選考委員長)、舞踊評論家 池野 惠、舞踊評論家 稲田奈緒美、文芸評論家 三浦雅士、一般社団法人現代舞踊協会副会長 池田瑞臣、同常務理事 金井芙三枝、同常務理事 正田千鶴、同常務理事 野坂公夫、同理事長 花輪洋治