News - 募集

<夏期舞踊大学講座2022>

2022.07.01〜2022.09.05

全国8支部の拠点を擁して事業展開している現代舞踊協会の支部と研究部の連携企画!!
2022.7.24<in関西>
吹田市立豊一市民センター 多目的ホール
2022.9.4<in関東>
彩の国さいたま芸術劇場 大練習室

創るテクネー、踊るテクネー
「現代舞踊の名作を実技と講話の両面から学び、《今》の私たちの創造性と身体をみがく」
シリーズ2 - 現代舞踊のパイオニア 石井漠「食欲をそそる」

価値観の多様化が進む今、現代舞踊の名作を学ぶことにより舞踊家としてのアイデンティティと創造性を探る講座です。
今回は、現代舞踊のパイオニアである石井漠の「食欲をそそる」(1925年)に取り組みます。打楽器によるリズムや動きは漠独自の世界観に満ち、私達に覚醒を促す名作です。新国立劇場主催公演「ダンス・アーカイヴ in JAPAN 2014」での本作品の再現上演の実績を踏まえ、この作品の今日的魅力と意義に、実技と講話から迫ります。歴史を受け継ぎ、全国組織として事業を展開している現代舞踊協会の講座として、関西と関東で開催します。未来を模索する意欲的な皆さんを広く募集いたします。

<プログラム>
○開講式
○「食欲をそそる」ワークショップ (途中休憩あり)
○DVD鑑賞と実話に基づく現代舞踊史講話
○閉講式
講師 : 石井登(in関西&関東) 片岡康子(in関東)

チラシをダウンロード

<in関西>
●日時 7月24日(日) 13:30~17:00(13:00受付開始)
●会場 吹田市立豊一市民センター 多目的ホール
大阪府吹田市垂水町1-53-7
Tel 06-6384-1290
地下鉄御堂筋線 江坂駅 徒歩10分
●対象 舞踊家 及び 中学生以上の舞踊経験者
●参加費(税込)
一般3,000円、協会員1,500円 学生1,000円
●定員 30名程度
<in関西へのお問合せ・お申込み>
福本まゆみ
TEL: 090-1918-0303
info@modern-ballet.com

<in関東>
●日時 9月4日(日) 10:20~18:00
●会場 彩の国さいたま芸術劇場 大練習室
埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1
Tel 048-858-5500(休館日を除く9:00~19:00)
JR埼京線与野本町駅(西口)下車 徒歩7分
●対象 舞踊家/舞踊指導者/舞踊家志望者/一般/学生
●参加費(税込)
一般4,500円 協会員2,000円 学生1,500円
●定員 40名

●申込方法 (in関東)
1. 申込フォームよりお願いします。
申込期間7月19日(火)~8月21日(日)
申込フォームはこちら

2. 受信確認後、参加費お振込案内をEメールまたはFAXでお送りします。(数日かかる場合あり)
3. 参加費をお振込みください。
※9月1日以降のキャンセルについてはご返金できませんのでご了承ください。
4. 入金確認後、8月半ば頃から順次、当日の詳細をEメールまたはFAXします。

<お問合せ>
一般社団法人現代舞踊協会 事務局
TEL 03-5457-7731
FAX 03-5457-7732
mail  office@gendaibuyou.or.jp

 

アウトリーチProject 参加プログラム募集

2022.07.15~2022.10.31

令和4年度 現代舞踊新進芸術家育成Project
「アウトリーチProject:劇場外での実践と地域へのコミットメント」の募集を開始します。

このプロジェクトは、自ら日本全国の公共スペースや商業施設などの使用許可を取得し、劇場以外の空間でダンスに興味のない(チケット代を支払って劇場にダンスを観にいかない層)観客の前で、自身の作品を上演・パフォーマンスを行っていただくというもの。どこで・だれと・どんなパフォーマンスやダンスをするかは自由です。ダンスでしか表現できない楽しさを日本中に広げてくれるような、楽しいプログラムをお待ちしています。どしどしご応募ください。

公募プログラム概要
■公募するプログラム数:20組
■実施日程:2023年3月中旬までに完了するプログラム
■お支払い経費の額:50万円/1組、30万円/3組、20万円/5組、10万円/11組(すべて税込)
■応募方法:下記(1)(2)(3)をダウンロードのうえご覧いただき、(2)募集要項に記載の「(5)応募要項」の様式にしたがって下記メールアドレスまでご応募ください。
(一社)現代舞踊協会アウトリーチプロジェクト事務局
E-mail:project5info@gendaibuyou.or.jp

※応募書類は返却いたしません。
※メール以外でのお問合せには応じられません。
※応募者多数の場合は適宜選考し、総数に達した時点で締め切ります。
■審査方法:評論家、学識経験者による書類審査
※採択・不採択理由等については公表・公開いたしません。

公募プログラムの詳細はコチラ
(1)実施要綱
(2)募集要項
(3)誓約書

※チラシ等を作成される場合は文化庁ロゴ・事業名を表記する必要がありますので、チラシ作成前にご一報ください。