News - お知らせ

新しい日常での協会主催公演に関するインフォメーション

2020.10.20

公演に向けての取り組み
主催者、出演者、舞台スタッフは、COVID-19に関する最新情報を常に収集し、舞台活動はもちろんのこと日常生活でも感染対策に注意を払っています。厚生労働省の指導のもと、咳エチケットや手洗いの励行および3密の回避を徹底するとともに劇場ガイドラインを遵守し、本番2週間前より主催者、出演者、舞台スタッフはいっそうの体調確認を実施します。

ご来場の皆様へお願い
〇ご来場者登録フォームにてお客様の連絡先等をご提供ください
PC用
スマホ用
本公演では新型コロナウイルスの感染防止対策に努めて参りますが、万一感染症が発生した場合、ご提供いただいた情報は必要に応じて保健所及び公的機関へ開示しますことをご了承ください。
※ご提供いただいた個人情報は、感染対策のほか公演のお知らせ等に使用させていただく場合があります。
※ご提供いただいた個人情報は、管理責任者を定め紛失や漏洩が発生しないよう安全対策を実施いたします。
〇下記に該当する方は、体調を最優先していただきご来場をお控えいただくようお願いいたします
・発熱や咳、咽頭痛などの症状のある方、また発熱が数日間続いている方や風邪症状(発熱、 咳、くしゃみ、喉の痛みなど)のある方。だるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方、その他、体調に不安がある方。(体調の優れない方のマスク等を着用してのご来場もご遠慮ください。)
・過去2週間以内にPCR検査で陽性とされた者との濃厚接触がある方。
・過去2 週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域への訪問歴および当該在住者との濃厚接触がある方。
・ご高齢の方、基礎疾患がある方、妊娠中の方は、医師の判断や関係機関の情報をご確認の上、慎重なご判断をお願いいたします。
〇ご協力のお願い・常時マスク等の着用にご協力ください。マスク等を着用でない方のご入場はご遠慮いただきます
・ご来場の際は、開演直前の混雑・集中緩和のためお時間に余裕を持ってお越しください。
・入場時には非接触型検温器での検温、手指消毒にご協力いただいた上で客席にご案内いたします。
・咳エチケットやこまめな手洗い、手指消毒にご協力ください。
・整列や入退場、移動時等のソーシャル・ディスタンスの確保にご協力をお願いします。
・ソーシャル・ディスタンスを確保するため、お座りいただける席は千鳥配置となっております。
・チケットは入場口にてお客様自身で切っていただき、スタッフの目視による確認をいたします。
・開演前、休憩時、終演後の劇場内でのご歓談はお控えください。
・プレゼントや花束等のお預かりは行いません。 また、出演者に直接お渡しいただくこともご遠慮させていただきます。
・休憩時や終演後、出演者へのご面会はできません。・ご来場中、体調の悪化を感じた場合は速やかにスタッフまでお申し出ください。

公演中止の場合のチケット払い戻しについて
国または地方自治体、劇場等からの要請により本公演を中止した場合は、お買い上げいただいたチケットの払い戻しをいたします。払い戻し方法は、本公演が中止になった場合に本ホームページ上にてお知らせいたします。
※お客様都合でのチケットの払い戻しはいたしません。

公演のタイムスケジュール

「新進舞踊家海外研修員による現代舞踊公演」

1月26日(火)・27日(水)
開場18:15/開演19:00
1、細川麻実子作品「discuss」19:00~19:20
休憩(10分間)
2、大橋美帆作品「鬼の跫音」19:30~19:50休憩(10分間)
3、土田貴好・小倉藍歌作品「giving」20:00~20:20

※舞台の進行により前後する場合がありますのでご了承ください。

 

ご参考
新型コロナウイルス感染予防のために:厚生労働省
舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン:緊急事態舞台芸術ネットワーク
【重要】「新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」の策定について

事務局業務のテレワーク・交代勤務を12月末まで延長します

2020.09.15

いつも大変お世話になっております。現代舞踊協会事務局です。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、12月末日まで事務局業務は交代勤務・時短勤務・時差出勤・テレワークを継続いたします。お急ぎの方は、FAX(03-5457-7732)またはメール(office★gendaibuyou.or.jp、★を@に変換してください)にてご連絡ください。

 

フリーランス向け持続化給付金 支援対象拡大

2020.07.14

経済産業省の持続化給付金の支援対象が拡大しました。これまでは、事業所得で確定申告をしていたフリーランスなど個人事業主を対象としてきましたが、6月29日より「雑所得」や「給与所得(雇用契約によらない非常勤など)」で確定申告を行っていた方でも申請できるよう支援対象が拡大されました。詳細はリンク先をご覧ください。

■経産省:持続化給付金に関するお知らせ「支援対象を拡大します」
■経産省:主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等向け「持続化給付金申請要領」
■持続化給付金とは

文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ(令和2年度2次補正予算案)公開!

2020.06.01

文化庁より、文化芸術関係者への具体的支援策が発表されました。フリーランスを含む舞踊家など実演家や技術スタッフ等に対し、最大150万円を支援するものです。

先ごろ実施いたしました「新型コロナウイルス感染拡大防止によるフリーランスに対する公的支援に関する実態調査」の結果をもとに、萩生田文科大臣を通じ、文化芸術振興議員連盟会長の河村建夫衆院議員らが、舞踊家をはじめとする芸術家への支援を政府に提言し、実現しました。

アンケートに協力してくださった皆様、現代舞踊協会が実施したアンケート調査への連携を表明していただいた一般社団法人 日本フラメンコ協会、公益社団法人 日本バレエ協会、一般社団法人 日本バレエ団連盟、一般社団法人 日本ベリーダンス連盟の各団体にも、心より感謝申し上げます。

支援の内容。申請方法など、詳しくは文化庁が公開した資料「文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ」をご覧ください。

 

会員証提示でNYダンスクラスが10%割引に!

2018.01.31

現代舞踊協会では海外のダンス施設との関係を深めるため、2017年秋より米国ニューヨークにあるBallet Academy Eastとの提携を開始しました。現代舞踊協会員が同スタジオのオープンクラスを受ける場合、協会会員証を提示すると10%の割引が適用されるというものです。この機会に是非活用してください。

Ballet Academy EastMap