News - お知らせ

フリーランス向け持続化給付金 支援対象拡大

2020.07.14

経済産業省の持続化給付金の支援対象が拡大しました。これまでは、事業所得で確定申告をしていたフリーランスなど個人事業主を対象としてきましたが、6月29日より「雑所得」や「給与所得(雇用契約によらない非常勤など)」で確定申告を行っていた方でも申請できるよう支援対象が拡大されました。詳細はリンク先をご覧ください。

■経産省:持続化給付金に関するお知らせ「支援対象を拡大します」
■経産省:主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等向け「持続化給付金申請要領」
■持続化給付金とは

文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ(令和2年度2次補正予算案)公開!

2020.06.01

文化庁より、文化芸術関係者への具体的支援策が発表されました。フリーランスを含む舞踊家など実演家や技術スタッフ等に対し、最大150万円を支援するものです。

先ごろ実施いたしました「新型コロナウイルス感染拡大防止によるフリーランスに対する公的支援に関する実態調査」の結果をもとに、萩生田文科大臣を通じ、文化芸術振興議員連盟会長の河村建夫衆院議員らが、舞踊家をはじめとする芸術家への支援を政府に提言し、実現しました。

アンケートに協力してくださった皆様、現代舞踊協会が実施したアンケート調査への連携を表明していただいた一般社団法人 日本フラメンコ協会、公益社団法人 日本バレエ協会、一般社団法人 日本バレエ団連盟、一般社団法人 日本ベリーダンス連盟の各団体にも、心より感謝申し上げます。

支援の内容。申請方法など、詳しくは文化庁が公開した資料「文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ」をご覧ください。

 

会員証提示でNYダンスクラスが10%割引に!

2018.01.31

現代舞踊協会では海外のダンス施設との関係を深めるため、2017年秋より米国ニューヨークにあるBallet Academy Eastとの提携を開始しました。現代舞踊協会員が同スタジオのオープンクラスを受ける場合、協会会員証を提示すると10%の割引が適用されるというものです。この機会に是非活用してください。

Ballet Academy EastMap