News - お知らせ

第35回国⺠⽂化祭・みやざき2020 出演者オーディション&ワークショップ

2019.07.26

みやざき洋舞フェスティバル実⾏委員会では、2020年10月17日~12月6日の期間、宮崎県内で開催される第35回国⺠⽂化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・⽂化祭みやざき⼤会 みやざき洋舞フェスティバル2020出演者オーディション&ワークショップを行います。興味のある方はチラシをご覧になりお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンス・アーカイブin Japan~未来への扉~ 上映会のお知らせ

2019.05.24

新国立劇場5F情報センター内ビデオシアターでは、公演記録上映会を開催します。 『ダンス・アーカイブinJapan~未来への扉~a Door to the Future』(上演時間:約2時間10分) 場所:新国立劇場5F 情報センター内 ビデオシアター ※入場無料・事前申込不要(直接情報センターへお越しください) ※当日先着順、限定40名様 日時:2019年6月30日(日) 午前の部…10:30~(開場10:15) 午後の部…14:00~(開場13:45) ※同じ演目を午前・午後の2回上映します

速報!協会員の木原浩太さん「第25回中川鋭之助賞」受賞!!

2019.04.04

第25回中川鋭之助賞(東京新聞制定)選考委員会が開かれ、うらわまこと氏(評論家)、岡本佳津子氏(日本バレエ協会会長)、花輪洋治氏(現代舞踊協会理事長)、林愛子氏(評論家)、稲熊均氏(東京新聞事業局長)の選考委員により、木原浩太氏を受賞者に決定しました。表彰式は2019年6月4日(火)11時より、如水会館にて行われます。 第25回中川鋭之助賞 受賞者:木原浩太 受賞理由:卓越したダンステクニックと表現力で現代舞踊界で活躍。振付家としても優れた作品を発表するかたわら、活動の場をバレエ、コンテンポラリーダンスにも広げて高い評価を得るなど、今後益々発展が期待される。 中川鋭之助賞:日本の舞踊界発展に貢献した中川鋭之助氏の功績を顕彰し、若手ダンサーの育成に資する目的で東京新聞が制定。近年において国内・海外で優れた業績をあげ、さらなる飛躍が期待される若手ダンサー1名に毎年授賞している。これまで川野眞子氏(H17年)、平山素子氏(H18)、米沢麻佑子氏(H27年)が受賞している。

「折田克子先生 お別れの会」ご案内

2019.02.05

下記のとおり、折田克子先生のお別れの会を開催いたします。折田先生とご縁のあった方々にお集まりいただき、先生の貴重な舞台映像や写真をご覧いただき、思い出を語り合いながら、折田先生を偲び、故人が歩まれた足跡を振り返りたく思います。準備に追われ、まだまだご案内できずにおられる方々も多くいらっしゃると思います。参加ご希望の方は、石井みどり 折田克子舞踊研究所までご一報いただければ幸いです。準備の都合上、まことに勝手ながら2月10日までにご連絡をいただきたくお待ち申し上げております。 平成31年1月 「折田克子先生 お別れの会」実行委員会代表 手柴孝子 TEL/FAX 03-3952-1213 記 日時:平成31年2月17日(日)13時〜15時(受付開始 12時30分) 場所:帝国ホテル東京 光の間(本館中2階) ※当日は諸事情によりホテル内表示は「折田克子先生の会」となりますことご了承ください。 東京都千代田区内幸町1-1-1 TEL 03-3504-1111 会費:一万円(おひとり様 当日受付でお願いいたします。立食形式) 当日は平服でご参加くださいますようお願いいたします。ご同伴も歓迎いたしますので、お申し込み時にあわせてお名前をお知らせくださいますようお願い申し上げます。 以上